スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opeth "The Leper Affinity" & "Bleak"

祝!2年目!
ricaです。

思い返せば去年の2月24日
lamb of godのライブがあまりにも素敵だったので
何かに残したい!
と勢いで始めたブログ。

ぼちぼちと書いているうちに
どうにかこうにか1年経ちました。

どんな記事を書こうかな?
と色々なバンドさんの音源を聴きました。

色々なジャンルを万遍なくと思っていたのですが
気が付けばデスメタル寄りになっている^^;
こんなはずではww

うん、でも
自分の好きな音
求めている音楽が
なんとなーくわかった1年でした。

拙い文章におつきあいいただき
たくさんのコメントをいただきました
少数派の読者のみなさまに
感謝いたします^^

今後も
こんな感じで
(私にとって)未知の世界を開拓していきますので
ご指導ご鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします!

ということで
今日は今一番聴いているお気に入りの2曲をご紹介。

北欧の暗黒神Opethです。
Still LifeGhost ReveriesDeliveranceも好きだけれど
無限ループしてしまうアルバムBlackwater Parkから
"The Leper Affinity""Bleak"をどうぞ。







スポンサーサイト

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Obituary 4月来日決定!

Scott Burns特集で記事を書いたばかりのObituary
4月に来日決定です!

詳細はこちら↓

デス・メタル・シーン創世記を支えた重鎮バンド、OBITUARYが4月に東名阪にて来日公演を開催決定!

USデス・メタル・シーン創世記を支えたOBITUARY!彼らが5年振りの来日公演を4月に東京、大阪、名古屋にて開催することが明らかとなった。

ドゥーミーでスロー・テンポなデス・メタルを結成当時から貫くアメリカはフロリダ州タンパ出身の彼らは、このツアーが終了次第なんと、新作の制作に入るとのことで、まだまだ現役バリバリだ。2009年『Darkest Day』のリリース以降の来日がなかっただけに期待が高まるばかりだ。

公演詳細は以下の通り。

大 阪4/21(日)梅田CLUB QUATTRO
前売¥7,000(ドリンク代別途)
OPEN18:00/START18:45
Info.06-6535-5569(SMASH WEST)

名古屋4/22(月)名古屋CLUB QUATTRO
前売¥7,000(ドリンク代別途)
OPEN18:00/START18:45
Info.052-936-6041(JAIL HOUSE)

東 京4/23(火)渋谷CLUB QUATTRO
前売¥7,000(ドリンク代別途)
OPEN18:00/START18:45
info.03-3444-6751 (SMASH )

TICKET
3/16(土)下記にて発売開始!
大 阪:ぴあ(P:194-663)、ローソン(L:59881)、e プラス(Quattro Web:3/2-4)(プレ:3/9-11)
名古屋:ぴあ(P:194-707)、ローソン(L:47677)、e プラス(Quattro Web:3/2-4)(プレ:3/9-11)
東 京:ぴあ(P:194-687)、ローソン(L: 71589)、e プラス(Quattro Web:3/2-4)(プレ:3/9-11)
岩盤、会場

CREDIT
総合問合せ:SMASH WEST 06-6535-5569
http://smash-jpn.com http://smash-mobile.com


来日ラッシュですね。
嬉しい悲鳴、お財布も悲鳴。。。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Scott Burns特集 その7 Sepultura

Avril Lavigne聴いています♪
ricaです。

うん、かわいい!
myバンドで歌っちゃおうかなーww

可愛げのある女の子になろう計画続行中(爆)

さて
しばらく休憩していたScott Burns特集その7は
Sepulturaです。

Sepulturaは、MaxIgorCavalera兄弟を中心に
1984年にブラジルで結成された、スラッシュ/グルーヴメタルバンドさんですねー。

Cavalera兄弟が影響を受けたバンドは

Led Zeppelin, Black Sabbath, Deep Purple, Van Halen, Iron Maiden, Motörhead, AC/DC, Judas Priest and Ozzy Osbourneなどのハードロック/メタルバンドに始まり
Venomを経て
Kreator, Sodom, Megadeth, Exodus, Exciterなどのスラッシュメタルバンドなどなど。

Venomは影響を受けたバンドとして海外のアーティストさんによく挙げられますね。
スラッシュメタルの始祖バンドさん、だけど演奏はかなり弾けています^^;

そんな音楽遍歴を持って
あの重くて速くてアグレッシブな音が出来上がります。

Scott Burnsさんがプロデュースしたのは次の3アルバム。

Beneath The Remains (1989)
Arise (1991)
Third World Posse (EP)(1992)


さすがScottさん
Sepulturaの代表的アルバム2枚を手掛けています。

Third World Posseはオーストラリアでのみ
リリースされたミニアルバムだそうです。

このアルバムは知りませんでした。
曲構成はこんな感じ。

1. "Dead Embryonic Cells" (*Note that this is the Scott Burns mix of the song, which removes the introduction)
2. "Drug Me" (Dead Kennedys cover)
3. "Inner Self (Live)"
4. "Troops of Doom (Live)"
5. "Orgasmatron (Live)" (Motörhead cover)

Max Cavaleraさんの野性的な咆哮も
この頃のSepulturaの魅力のひとつですね♪

では
おすすめの3曲をどうぞ♪
タイトルトラックは以前ご紹介したものもあるため
とっても素敵なのですが外しました。

Beneath The Remainsから"Stronger Than Hate"
Ariseから"Dead Embryonic Cells"
Third World Posseから"Inner Self"










テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

The Crown, Gorod, Origin, Mors Principium Est

タイトルの4つのバンド名を見て
ピン!ときたら
かなりのマニアですね^^
ricaです。

6月と7月におもしろいツアーが企画されています。

The Spring is Gone Tour 2013(6月)
・The Crown
・Gorod
and more...




Extreme Death Feast Vol. I(7月)
・Origin
・Mors Principium Est
and more...


なかなか素敵なラインナップでしょ?

招聘元はChaotic Tapestry Japanという所らしく
FacebookやTwitterで紹介されています。

どちらも小さいハコでの開催です。

行こうかな。
ん~、どうしよう?悩む。。。

うん、とりあえず音源を貼ってみよう!
各バンドの最新アルバムからです♪

The Crown: "Soul Slasher" [Doomsday King (2010)]
Gorod: "Elements and Spirit" [A Perfect Absolution (2012)]
Origin: "Expulsion of Fury" [Entity (2011)]
Mors Principium Est: "Destroyer Of All" [...And Death Said Live (2012)]














聴いていたら
行きたくなってきました。
5分後にはポチッと購入しているかも^^

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Ron Jarzombek (guitarist)

日が延びましたね~。
でもまだ寒い!
ricaです。

さて
今日は素敵なギタリストさんをご紹介。

WatchTower (1982–1991, 1999–present)

Spastic Inc (1993–2004)

Blotted Science (2005–present)



いわゆる「変態」系プログレッシブメタルバンドを渡り歩いている
鬼才Ron Jarzombekさんです。

使用ギターは自作とのこと。
かなりマニアックな人とみた!

不肖ながらこれらバンドさんをあまりよく知らないので
一緒に見ていきましょう。

WatchTower

Rushや70年代ブリティッシュメタルに影響を受けた
テキサスのプログレッシブメタルバンドです。

後進の多くのバンド、例えば
Dream Theater
Death
Atheist
Sieges Even
Spiral Architect
などに影響を与えたバンドさん。

RonさんはセカンドアルバムControl and Resistanceからの
途中加入。
曲作りにも参加していて
アルバムの半分ほど関わっています。

楽曲を聴いてみると、、、
意外と聴き易い!

スラッシュ要素も含まれているので
純粋なプログレメタルよりも
勢いがあって聴き易いかもしれません。

甲高いヴォーカルも味を出しています。


Spastic Inc

お兄さんでドラマーのBobby Jarzombek
1993年に結成した
インストのプログレッシブメタルバンドです。

聴いていただくとわかるのですが
テクニカルかつ変拍子の嵐!
何拍子とか
もはや意味をなさない言葉に感じてきます。

Inc Complete (1997)
Inc Comparative (2004)


の2枚のアルバムをリリースし解散。


Blotted Science

Ronさんが
Cannibal CorpseのAlex Webster(bass)と
lamb of godのChris Adler(drums)を誘って結成した
インストのプログレッシブメタル/テクニカルデスメタルバンド。

ドラマーはその後
Derek Roddy
Charlie Zeleny
を経て
現在はHannes Grossmann。

すごいメンバーです。
私の好きなドラマーさんばかり。
名前を見ただけでわくわくしてしまいますね。

楽曲を聴いてみると
うん、すごくかっこいい!!
私は大好きです。

テクニカルかつアグレッシブ
音も太く厚みがあって聴き応えがあります。

それでは
Ron Jarzombekさん風味の
3バンドの楽曲を聴いてみましょう。

WatchTower: "The Fall Of Reason" [Control and Resistance]
Spastic Inc: "Mosquito Brain Surgery" [Inc Complete]
Blotted Science: "Synaptic Plasticity" [The Machinations of Dementia]











テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Opeth来日緊急決定!

3月12-16日にオーストラリアツアーを行うOpeth

ついでに日本まで足を延ばしてくれないかなーと
密かに願っていたところ
なんと

3月21,22日 Opeth来日決定!!

わー!!ほんと??
って、あと1カ月ちょっと
しかも期末の月末の平日^^;

うん、これは意を決して行くしかありませんね。
チケットが取れればの話ですが。


詳細はこちら↓

OPETH JAPAN TOUR 2013
 サイケデリックかつヴィンテージ感溢れるサウンドでファンを魅了するOPETH
 『HERITAGE』での来日より1年振りとなる今回は、小規模クラブツアー!!

 2013.3.21(木)
 大阪 梅田CLUB QUATTRO
 Open18:00 / Start19:00
 ¥6,500(税込/オールスタンディング/別途1ドリンク代)
 チケット発売日:3/2(土)~
 <問>梅田クラブクアトロ Tel:06-6311-8111

 2013.3.22(金)
 東京 LIQUIDROOM
 Open18:00 / Start19:00
 ¥6,500(税込/オールスタンディング/別途1ドリンク代)
 チケット発売日:3/2(土)~
 <問>クリエイティブマン Tel:03-3462-6969
 Warner Music Japanさんより)


少し前に聴き始めたOpethですが
楽曲もミカエルの声も私のツボ中のツボ。
あっという間にハマり
起きてから寝るまで耳がおかしくなりそうなくらい聴いています。

土日だったら大阪にも行っちゃうんだろうなー^^;

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Megadeth "Wake Up Dead" & "The Conjuring" & "Bad Omen"

Big4の中では
Megadethが一番好き。
ricaです。


もちろん
SlayerMetallicaも大好きです。
(あれ?Anthraxは?)
でも
Megadethが一番です☆

Big4
別名「スラッシュメタル四天王」とも呼ばれる
80年代初頭にアメリカで発生した
スラッシュメタルムーヴメントを牽引した
筆頭バンドさんたちですねー。
Slayer, Metallica, Megadeth, Anthrax
の4バンドです。


私の場合
初めてのメタルがMegadethだったこともあり
彼らの音がすべての基準になっています。

特に初期の1st~4thアルバムがお気に入りです。

1st: Killing Is My Business ... And Business Is Good!
2nd: Peace Sells ... But Who's Buying?
3rd: So Far, So Good ... So What!
4th: Rust In Peace



複雑で攻撃的なギターリフと曲展開が
素敵です。

時折登場する妙にキャッチーなメロディや
演歌っぽいメロディも
何ともいえずクセになります。

インテレクチュアル・スラッシュメタル
なのだそうです。

Dave Mustaine
上手いんだか下手なんだかわからないヴォーカルも
味わいがあって好きですねー。


ムス様の人間的な部分を見ますと
特に3rdアルバムまでは荒れ放題。
アルコール、薬物、暴力
なんでもありな。。。

一緒にやっている方々にとっては
勘弁してくれな状況ですが
この時期の楽曲が
尖っていて、緊迫感があって
いいんですよね~。

クラシック音楽の作曲家も似ていますよね。
普通の精神状態でなかったり
絶望のどん底にあるときだったり
そんな状況だからこそ
名曲が生まれたりすることも。


どの曲もかっこいいので
全部ご紹介したいくらいなのですが
今日は
2ndアルバムPeace Sells ... But Who's Buying?
から3曲

"Wake Up Dead"
"The Conjuring"
"Bad Omen"


をどうぞ。


Wake Up Dead



The Conjuring



Bad Omen


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Nile @ 渋谷QUATTRO 2013/2/12

Nileのライブ、観てきました。
ricaです。

会場はわりと落ち着いた雰囲気。
中に入ってみると
黒い!
みんな黒Tで真っ黒です。

おひとりさまの女性もちらほら。

例によって鼻息荒い方も数名。

今回は後方でじっくり観ました♪


追記)セトリ完全版です。

Nile @ 渋谷クアトロ
01 Sacrifice Unto Sebek
02 Defiling The Gates Of Ishtar
03 Kafir!
04 Hittite Dung Incantation
05 Enduring The Eternal Molestation Of Flame
06 Supreme Humanisms Of Megalomania
07 The Black Flame
08 Execration Text
09 Ithyphallic
10 The Inevitable Degradation Of Flesh
11 Permitting The Noble Dead To Descend To The Underworld
12 4th Arra of Dagon
13 Sarcophagus
14 Cast Down The Heretic
15 Lashed to The Slave Stick
16 Black Seeds Of Vengeance


19:00過ぎに始まり
20:35には終了。
アンコールの声と拍手がしばらく続きましたが
アンコールはなし。

DallasさんとKarlさんが
あの低音グロウルでタイトルコールし
Georgeさんがスネアでカウントすると
音の洪水にあっという間に飲み込まれます。

George Kolliasの流れるようなドラミングやら
ギターとベースの高速ユニゾンやら
弦楽器隊3人のヴォーカルの掛け合いやら
お腹に響く音圧の高さやら...

めくるめくテクニカルでへヴィなサウンドに
うっとりでした。

Dallasさんのソロはピロピロとたまにブイーン
Karlさんのソロは速弾きとウィ~~~ン
この違い、わかりますでしょうか?


去年新しくNileのメンバーとなった
ベースのTodd Ellisさん
音もパフォーマンスも声もとっても良い感じです。
NileのBassistはかっこいい人が続きますね^^

弦楽器隊の方たち
思った以上に表情豊かで
観ていて楽しかったです。


ツボ中のツボだったのは
やはりGeorgeさんのドラム。

あの高速ドラミングの最中に
スティック回しされたら
キュンとしてしまいます(しません?)


最初、少し音がこもっているように聴こえましたが
曲が進むにつれクリアになっていったように思いました。

バスドラムの音が大きくて気持ち良かったのですが
スネアの音があまり聴こえなかったような。。。
ライブだとそうなっちゃうものなのでしょうか?

あれだけ高速で足を動かしながら
上半身は優雅な動きというのが
素敵過ぎます。
ジャズドラムのテクニックを身につけると
あんな風になれるのかな。


ラストソングが終わると
弦楽器隊の方たちは控え目な数のピックを投げ
ざ~っと握手し
風のようにステージを去って行きました。

Georgeさんもさくっと片づけて
手を振るでもなく
そのままステージ袖へ。。。

明日も明後日もあるからか
とてもあっさりです。


全体の音のバランスは良かったと思います。

渋谷クアトロは初めてだったのですが
音響も良いし
見やすいし
空調もしっかりしているし
いいハコだなーと思いました。
比較的空いていたからかもしれません。


思い出すままに書いただけの
Nile @ 渋谷クアトロ ライブの感想でしたー。


今日のライブでも演奏してくれた
アルバムAt the Gate of Sethuから
"The Inevitable Degradation of Flesh"をどうぞ。
和訳厳禁!ですが、かっこよくて大好きな曲です。


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Opeth - Blackwater Park (album)

今日はさくっと。
ricaです。


ようやくOpethデビューしまして
お気に入りのアルバムBlackwater Park
今日もずっと聴いています。

Mikael Åkerfeldtさんの作曲センスは素晴らしいですねー。
似たような曲が多いのだけれど
飽きるどころかずっと聴いていたくなります。

それに
Mikaelさんのクリーンとデスどちらの声も素敵だし
長髪に髭、の見た目も好き^^


というわけで
マイバースデーにお届けする曲は
Opethの5thアルバムBlackwater Parkから

"Harvest"
"The Drapery Falls"
"Dirge For November"

の3曲です♪










テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Scott Burns特集 その6 Obituary

2月は誕生日月間v^^v
ricaです。

と言っても特に何もないのですが^^;
雪が降っている朝、のように
なんとなくそわそわワクワクします。
子どもの頃の刷り込みでしょうか。


さて
Scott Burns特集その6は、Obituaryです。

Obituaryは、1984年にフロリダ州タンパで結成されたデスメタルバンドさんですねー。

結成当初はExecutionerというバンド名で活動していたそうですが、後に綴りを変えXecutionerに、1988年になって現在のObituaryというバンド名になりました。
当初のメンバーはこちら↓

John Tardy (vo)
Allen West (lead gt)
JP Chartier (gt)
Jerome Grable (ba)
Donald Tardy (dr)



デスメタルのパイオニアとして精力的に活動していましたが、ツアーに続くツアーに疲弊し、5枚目のアルバムBack from the Dead(このアルバムのプロデューサーはJaime Locke)をリリースした1997年に解散してしまいます。
解散後はSix Feet Underなどメンバーそれぞれのバンドで活動。

2003年に再結成し、アルバムを3枚リリース。
さらに次のアルバムも制作中とのこと、近いうちにリリースされるかもしれません。

現メンバーは以下の通り↓

John Tardy (vo)
Trevor Peres (gt)
Terry Butler (ba)
Donald Tardy (dr)


ベースのTerryさんなどはSix Feet UnderDeathの元メンバー、Massacreでは中心メンバーとして現在も活躍されていますね。

Scott Burnsさんがプロデュースしたのは以下のアルバム。

Slowly We Rot (1989)
Cause of Death (1990)
The End Complete (1992)
World Demise (1994)
Frozen in Time (2005)



早速、音を聴いてみましょう。
例によって1曲ずつセレクトしてみました。

Slowly We Rotからは"'Til Death"です。
ジャケットアートが私的にキビシイのでライブ映像です^^;
「う゛お゛~」に始まり最後までJohnさんの声に圧倒されっぱなしです。
途中のTrevorさん(かな?)の表情がジャケットアート以上に怖い。



Cause of Deathからは"Infected"です。
何かが迫り来るようなSEからドゥーミーなイントロへ。
イントロからスラッシュパートへ移る時のギターリフが堪らなくカッコいい!



The End Completeからはタイトルトラック"The End Complete"です。
ドゥーミーなリフにJohnさんの咆哮が乗って、息苦しいほどの重みを増します。
途中ギターソロの手前からテンポを上げていく変化のつけ方が気持ちいい。
2分42秒辺りから最後まで続く反復リフがクセになります。



World Demiseからは"Final Thoughts"です。
ミドルテンポの曲ばかりのアルバムです。
ダダッダ.ダダッダ..というギターとドラムのリズムの繰り返しが印象的です。



Frozen in Timeからは"On The Floor"です。
Obituary復活後の第1作の2曲目。
スラッシュナンバー、と言っても重みのある速さがObituaryらしくて素敵です。



どのアルバムの曲もJohnさんの声あってこそObituaryの曲になるのかなぁと思いました。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Nile "Sacrifice Unto Sebek"

もういくつ寝ると~Nileのライヴ~♪
ricaです。

Nileの来日公演まであと6日!
楽しみですね~。

"At the Gate of Sethu" NIPPON 2013

なんてタイトルのツアーなので
新譜からたくさんの曲をやってくれるのかな?

直近のセットリストを見るとこんな感じ↓

1.Sacrifice Unto Sebek
2.Defiling the Gates of Ishtar
3.Those Whom the Gods Detest
4.Kafir!
5.Hittite Dung Incantation
6.Enduring the Eternal Molestation of Flame
7.Sarcophagus
8.The Inevitable Degradation of Flesh
9.Supreme Humanism of Megalomania
10.Black Seeds of Vengeance


新譜からは6、8、9曲目の3曲。
少なめ?

うん、でもBlack Seeds~は多分やってくれると思うし
どんな音を聴かせてくれるのかとっても楽しみです。

前の方で見たいけれど、コワい人ばかりだったらどうしよう^^;

では予想セトリの1曲目
2005年にリリースされた4枚目のアルバムAnnihilation of the Wickedから"Sacrifice Unto Sebek"です。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

やっぱりマイノリティ?

やっぱりマイノリティ?
ricaです。


昨日、音楽好きな元同僚(♀)とお茶しながら
最近どんな音楽を聴いたり弾いたりしてる?という話をしました。

Avril Lavigneとか
Tayer Swiftとか
Katy Perryとか
Crystina Aguileraとか
アコギ弾きながら歌うのが好き」


う、うん、いいよね!
Avrilとかカワイイし☆
(とか言いながら、かみ合うポイントを探すワタシ^^;)


Foo FightersGreen Dayとか結構激しいから、聴けるギリギリのラインかな~」


(え!?)
......あ、そういえばJimi Hendrixに今ギターでトライしているよ。
JimiさんのカバーもやっているJohn Mayerもいいよ!おススメ!


ちょっとかみ合わない会話をしながら
二人とも歌うのが好き、ということでそのままカラオケに。


女の子ヴォーカルの曲が好きと言っていた元同僚ちゃん
ラブリーな曲をいっぱい歌ってくれて、なんてかわいいんでしょう!


私は、、、
Foo Fightersで様子を見つつ
試しにPanteraを歌ったら、うわぁ...と思い切り引かれ^^;
Green DayMadonnaを挟んで
Metallicaにトライしたらこちらは耐えられる範囲だったみたいで。


うん、
Avrilとか聴いてかわいい女の子になろうと思いました(爆)

いろいろと勉強になりました。
ありがとう、元同僚ちゃん。


おまけで
私が歌ったMadonnaLike A Virginを貼っておきます。
この頃のマドンナ、かわいい~☆

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Annihilator "King of The Kill" ... なのか??

フジゲンのギターってどうですか?
ricaです。

楽器屋さんでIbanezはどう?という話を店員さんとしていたのですが
その店員さん、いつの間にかフジゲンの魅力を熱く語られていました^^;

試奏動画で音を聴いてみるとなかなか良さげ。
値段も輸入モノよりはお手頃で魅力的。
試奏してみないとわからないけれど
欲しいギターリストに入れてみようと思いました。


さて
今日は、Annihilator、なのか?です。
どなたかが制作された、Annihilatorとある方とのコラボレーション版"King of The Kill"です。

原曲は文句なしにかっこいいですよね!
コラボバージョンはその上を行っています。
私的にはかなりウケました(疲れているのかな)。

おふざけ動画ですので、そういうのが気にならないようでしたらどうぞ。



制作された方、もし不都合がございましたらすぐに削除いたしますのでご一報くださいませ。

Annihilatorで検索すると、候補のトップに幾三さんとの組み合わせが表示されるんです。
??と思いつつも、興味深い組み合わせに思わず見てしまいました。

幾三さん、ラムシュタインやツェッペリンなど他の素敵なバンドさんともコラボしているようですww

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。