スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Mayer "Wait Until Tomorrow"

朝からフリーだったので
音楽を聴きながら楽器を弾いたりメンテナンスをしたりしていました。
ricaです。

幸せな1日でしたねー♪
音楽だっていつもとは違う曲を聴いていましたよ。

たとえば、John Mayerさん。
アメリカのシンガーソングライター&ギタリストさんですねー。
ポップでファンキーなギタープレイがステキです。
ギターのうまさに加え
甘いマスクと甘い声も武器に持っていて、それはモテるらしいですよ。

「John Mayer大好き。てかJohn Mayerになりたい!」

というようなセリフを
2人のイケメンギタリストさんから聞いたことがあります。
2人目のギタリストさんから聞いたときは、あまりに同じ表現だったので
(違う人だよね?)とまじまじと顔を見てしまいました。
Johnさん、すごいです。
男性をも惹きつける何かがあるんですねー。

実際曲を聴いてみると
うん、かっこいい。
確かに惚れます。
私はJohn Mayer TrioのJimi Hendrixのカバーが好きですね。

というわけで
Jimi Hendrixのカバー
John Mayer Trio"Wait Until Tomorrow"です。
ギターだけでなく、ベースもドラムもめっちゃかっこよくてシビレル一曲です。

スポンサーサイト

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Job For A Cowboyの新譜"Demonocracy"

怒涛の音楽週間が終わり(個人的に)
ちょっと落ち着きました。
ricaです。

今年は音楽まみれの1年にしようっと♪
と軽い感じで年始の目標を立てたのですが
思った以上にどっぷり浸かってしまい
もう堅気には戻れない感じになってきました。
ははは、どうしよう^^;


さて
4/10に欧米で
4/11に日本でリリースされた
Job For A Cowboyの新譜"Demonocracy"を
さらりと聴いてみました。

"Demonocracy"
01 Children of Deceit
02 Nourishment Through Bloodshed
03 Imperium Wolves
04 Tongueless and Bound
05 Black Discharge
06 The Manipulation Stream
07 The Deity Misconception
08 Fearmonger
09 Tarnished Gluttony


うん、いいですねー。
デスコアの帝王たる風格があります。

Jonny Davyのヴォーカルもますます凄みを増していい感じです。
疾走感に重みもしっかりあるのですが
若干洗練されたというか落ち着いた感があります。
サビ部分やギターソロに泣きが入っている曲もあり
メタル要素が増え渋みが出てきたように思いました。

前回のアルバムからギターさんとベースさんがメンバーチェンジしたようで
現在のメンバーはこちら。

Jonny Davy (lead vocals)
Al Glassman (guitar)
Jon Rice (drums)
Tony Sannicandro (guitar, backing vocals)
Nick Schendzielos (base guitar)

どこに行っちゃうのかわからないような
常に動き回っているような曲の作りも素敵でしたが
安心して聴ける曲も魅力的ですね。

ではアルバムの2曲目、メロディアスに突っ走る
"Nourishment Through Bloodshed"をどうぞ。



テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Romain Goulon from Necrophagist

暖かい一日でしたね。
マキシワンピースとサンダルという
ゆる~い服装で外出してみました。
ricaです。

暑くも寒くもない暖かい季節、いいですね。
これから初夏にかけてが私にとってのベストシーズンです。

さぁ今日は、そんなさわやかさとは全く無縁の
テクニカルデスメタルバンドNecrophagistです。
バンド名とか歌詞とかは和訳したくない感じですが
彼らのテクニックは素晴らしいですね。

ギターのアルペジオ炸裂のテクニカルな演奏が
運指練習のほろ苦い記憶を彷彿させてくれます。
そしてRomain Goulonのドラムがこれまた凄いことになっています。
左手スティックの高速単振動がとても美しい!
指でコントロールしていると思うのですが
振り幅が大きく、スネアの音がクリア。
耳にも目にも美しい演奏で、いやもうみなさん職人ですね。

drumcamな映像がありましたのでご覧ください。
Necrophagistで"Stabwound"です。


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Kataklysm "In Shadows and Dust"

桜が満開ですね。
家の近くの桜並木があまりに綺麗で
いつまでも散歩していたくなります。
ricaです。

桜といえば日本のイメージがありますが
海の向こうでも桜を見られる所がけっこうありますね。
たとえば、カリフォルニアでは毎年桜祭りが
カナダのバンクーバーでも
「Vancouver Cherry Blossom Festival」というお祭りが
なかなか盛大に毎年開催されているそう。

お?カナダ?
カナダと言えば、Kataklysmさんを思い出しました。
1991年に結成された息の長いデスメタルバンドさんですねー。
先日ご紹介のCryptopsyと同郷の方々です。
ギターはエッジが効いていてリフがしっかり聞こえ、全体的にメロディック。
複雑すぎない曲構成でとっても聴きやすい曲が多いですね。
ドラムもテクニカルだけれども気持ちよく聴ける作りです。
ヴォーカルMaurizio Iaconoさんの咆えっぷりも素敵ですね。

ではさっそく
イントロが印象的な"In Shadows and Dust"をどうぞ。


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Vader "Silent Empire"

目はしょぼしょぼ、鼻はムズムズ
ついに花粉症デビューか?と思い耳鼻科に行ったら
「ハハハ、花粉症には一生なりませんよ。」
と太鼓判を押されたricaです。

アレルギーテストをしたのですが
スギにもヒノキにも、ハウスダストにも
まったく無反応の数値0。
なぜハハハと笑われたのかはわかりませんが
割と丈夫な体に感謝です。

とはいえ
春先は花粉だけでなく色々なホコリも舞っているので
人と会わない外出時にはマスク着用です。

日本だけみたいですね。マスクをして普通に歩けるのは。
海外ではマスクをしていると
(この人は重大な伝染病に感染しているのでは??)
と疑われ避けられてしまうそうです。
だから風邪でも花粉症でもマスクはし・な・い!のが鉄則らしいです。

白いマスクじゃなかったらいいのかな?
たとえばダース・ヴェイダーみたいな黒いマスク(マスク違い?)
ヴェイダー??
Vader!!(今日も苦しい^^;)


長い前置きを読んでくださったみなさま、お疲れ様でした。
そうです、Vaderです。

Behemothも好きですが、Vaderも好きですねー。

さてここで問題です。
この2つのバンドの共通点はなんでしょうか?




……





……





……





正解は!
「ポーランドで結成されたブラック/デスメタルバンド」
です。

どうもポーランド系は私の好みのツボのようです。
Decapitatedも
Hateも
そうですし。

ツボなところは
ドライで、冷たくて、荘厳で、かつ複雑すぎない楽曲を
熱く演奏する確かな技術の楽器隊と
グロウルヴォイスの美しいヴォーカルの存在でしょうか。

大好きなポーランド系のバンドさんですが
困ったことがひとつ(私にとって)。
プロモーションビデオがコワくてまともに見られない
全部ではないのですけれどね。
ジャンル的に仕方ない部分ではありますが
ポピュラーソングになり得ない所以でしょうね。

というわけでご紹介するのもライブ映像です。
最高にかっこよくて、ちょっぴりSlayerに似ている(?)
Vader"Silent Empire"をどうぞ。



テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Eric Clapton "Change the World"

すごい風でしたねー。
電車も止まっていたようですが
みなさん無事帰宅されたでしょうか?
ricaです。

気圧の低い日は眠くなります(寝不足って話もありますが)。
ギターを弾いていたのですが途中で意識がなくなり
気が付くとギターを抱えたまま30分くらい寝ていました

眠くなる音楽、といえば
いぶし銀Eric Clapton"Change the World"です。
かなり久しぶりに聴きましたがいいですね。
クリーンでドライで優しいサウンドが心地よくて
3秒でノンレム睡眠に入れそうです。

それに
スローテンポかつ崩れない8ビートがドラムの練習にぴったりです♪
ギターも素敵なのでどちらもコピーしてみたいですね。

Change the Worldはアメリカのミュージシャン、
トミー・シムズ、ゴードン・ケネディ、ウェイン・カークパトリックが制作した楽曲で
アメリカでは女性カントリー歌手のワイノナ・ジャッド、
日本ではChemistryなどがカバーしています。

では今日はこの曲を聴きながら寝ます。
みなさんも良い夢が見られますように


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。