スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buddy Rich

雪、積もりましたね(in 東京、神奈川)。
しまおうと思っていたスノーブーツを履いて
外出して正解でした。
ricaです。

今日は
John Bonhamからの~
ジャズドラマーBuddy Richさん。

この方もめちゃめちゃかっこいいですね。
超絶テクニックを駆使しているのに
もしかしたら私にもできる?と思わせてしまうような
わかりやすく、楽しいパフォーマンスがとても素敵です。

Buddy Rich & The Buddy Rich Big Band
Concert For The Americas 1982


1982年の映像です。
この方も神ですね。
魂のこもった激しくも美しい演奏です。
ドラムを知りつくしているのだなぁと感じます。
精進せねば。。。
スポンサーサイト

テーマ: ドラム - ジャンル: 音楽

John Bonham from Led Zeppelin

2月も今日で終わりかー
と思ったら
今年は閏年だったんですね。
なんとなく得した気分になったricaです。


昨日
Dave Grohlからの~
つながりで書いていたんだけれども
全文消えてしまったJohn Bonhamさんについて
気を取り直して
もう一度書いてみたいと思います。

Foo FightersのDave Grohlは
言わずと知れた元Nirvanaのドラマー。
一打一打が力強く
アクションも派手なパワーヒッターさんです。

音もパフォーマンスも誰かに似ています。
誰か?
って先に書いちゃってますね。
Led ZeppelinのJohn Bonhamさんです。
叩き方も、音も
ついでに髭や髪型もそっくりです。

Daveのインタビュー記事なんかを見ますと
実際、多大に影響を受けているようです。

ボンゾさんの重~く大きい音
一瞬遅れたかのような独特のリズムの刻み方は
何度聞いてもゾクゾクきますね。
ギターのうねるようなリフと絡み合うと
あまりのかっこよさに悶絶してしまいます。

5歳くらいの頃から
Gene KrupaやBuddy Richを真似て
空き箱やコーヒー缶で作ったドラムを叩いていたとか。

Gene KrupaとBuddy Rich!!
私の大好きなジャズドラマーさんたちです。
そうつながるのか、と変なところで感心してしまいました。

詳しくは
専門家の方に語っていただくとして。。。
聴きましょう。
John Bonhamのドラムソロが素敵な"Moby Dick"をどうぞ。


Moby Dick - (John Henry Bonham) Led Zeppelin

テーマ: ドラム - ジャンル: 音楽

Behemoth "C****tians to the Lions"

書いた記事が全部消えちゃった。。。
ちょっと傷心気味のricaです。

そんなときは!
Behemothで癒されましょう。

Behemothは
ポーランドのブラック/デスメタルバンドで
コープスペイントをしているのが特徴です(Wikiですか?)

そう、以前は
この手のコープスペイントもSlipknotのマスクも
コワくて見ることができなかったのですが
その方たちの音が好きでどうしてもパフォーマンスも見たくて
指の隙間からおそるおそる見始めたのですよね。

で、ある日気づいたら
バンドTを平気で着ているという
おそろしい結末に。。。

慣れってコワいですね

話を戻して
Behemothです。

この方たちの音はもちろん
パフォーマンスがいいんですよ。
基本ヘッドバンギングしているだけなんですが
攻撃的なギターリフとInfernoの超絶ブラストが重なると
それはそれは恐ろしい光景になります。

たとえば、この曲↓



冒頭部が凄まじく速い。
GtのSethの首はいったいどうなっているのでしょうか。
もはや残像しか見えません。
暗闇に浮かび上がる帝王Nergal様が
カメラに向かって煽ってきます。

そしてInfernoのドラムがまたいいのです。
正確なんだけれども、機械のようではなく
音やリズムにちゃんと温度があります。

うん、いいですね。
テクニカルかつブルータルなサウンドにも癒されまくりです。

Nergalさん
これまで白血病の治療をしていたのですが
昨年に復活。
復活後のライブ映像を見ると
やはり髪の毛が。。。泣けてきます。

今年の4-5月はUSツアーをするようです。
フェイスブックへの書き込みがとってもお茶目で
ライブでの姿とのギャップがまた楽しいNergalさんです。
日本でのライブもぜひやっていただきたいですね。


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Foo Fighters ツアー中止!

ricaです。

昨日浮かれてFoo Fightersの記事をアップしましたが
なんと先ほど来日ツアー中止との公式発表がありました。
Dave Grohlの喉の調子が悪化してしまったとのことです。
バンドからのコメントはこちら↓

"We deeply regret having to cancel. It wasn't a easy decision by any stretch but after carefully considering medical advice, we felt we had no choice. We hate to disappoint our fans in Japan and hope you'll all understand and that we'll see you all in the not too distant future."

今回のTOURをキャンセルしなければいけない事を非常に残念に思っております。
VOCAL/GUITARのデイブ・グロールの医者の喉の診断を慎重に検討した結果、SHOWをキャンセルせざる得ないという結論に至りました。
日本のフアンの皆様を落胆させることは、大変心苦しいですが、皆様状況のご理解をいただきたく、また近いうちに日本に戻ってこれることを心から希望します!


う~ん、残念ですが仕方ないですね。
早く良くなって日本に戻ってきてくださ~い。


テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Foo Fighters "Bridge Burning"

今頃シドニーには
lamb of godも
Slipknotも
Machine Headも
The Black Dahlia Murderも
In Flamesも
み~んないるんだよね。
ああ、飛んでいきたい。。。
一日モヤモヤしていたricaです。


そんなモヤモヤを吹き飛ばすため
というわけではありませんが
Foo Fightersが3月に来日!!
ライブにも行っちゃうよ☆
ということで
久しぶりにこの手のストレートなロックを聴いています。

うん、すごくいいですね。
Dave Grohlの声にメロメロになっております。
ステージパフォーマンスもめっちゃかっこいい!!
ドラムのTaylor Hawkinsもこれまたかっこいい。
一音一音がはっきりしていて気持ちが良いです。

去年リリースされた"Wasting Light"を聴いてみましたが
1曲目の"Bridge Burning"
2曲目の"Rope"
で悩殺されました。
曲にも音にも男の色気を感じます。
全体として無難で手堅い感はありますが、
Daveのフェロモンで相殺です。

耳に優しく(メタルと比べてね)
粗削りでどこか懐かしい匂いがする
まさに"GARAGE ROCK"な、熱い熱いアルバムです。
そんなかっこよすぎるアルバムから"Bridge Burning"をどうぞ。



テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

スタジオ以外でドラムの練習をするには?

今日は雨だったので
色々と予定はキャンセルになり家籠りです。
ちょっと前まで出歩くの、大好きだったんですけれど
最近は籠って音を聴いているか楽器を触っているのが
至福の時間。
引き籠りになりつつある、ricaです。


さて
ドラムの練習ってどこでもできて楽しいわ☆
と思う今日この頃ですが
イメージトレーニングだけでは
うまくいかないこともたくさんありますねー。

スタジオに行けない時
ドラムの練習ってどうされています?

実はまだほんの数回しかドラムを叩いたことがないワタクシ。
セッティングもいまいちよくわかっていない状態で
イメージトレーニングしているというのもなんなのですが^^;
好きなドラマーさんの映像を見ては
なりきり妄想シャドウドラミングするのは得意ですよ。ええ。

手の方は
叩いてもよかろうと思われる
ソファや辞書(叩いていいのか?)
ホームセンターで買ったウレタンラバーシートなどを
スティック持って、ひたすらタカタカ、ベシベシ。
あるいはひたすら振る。
練習になっているのかどうかは疑問ではありますが
とにかくスティックが手になじむようにと
あまり深く考えずにやっております。

で、問題は足。
フットペダルなしで練習をするのは難しいですね。

足の動きとビーターがベースドラムにヒットするまでの
タイムラグの感覚がつかめないのですよね。
家ではできているつもりでも
実際踏むと、ずれるわ、もたつくわで非常に気持ちわるい。
myペダル買った方がいいんでしょうかね?

どなたか良い練習方法を教えてくださいー!!


テーマ: ドラム - ジャンル: 音楽

lamb of god @ 渋谷O-EAST 2012/2/22

今日もスティック振り回しています。
ricaです。


2/22、平日ど真ん中
渋谷O-eastにて
lamb of godのライブに初参戦してきました♪

入場直後から
「ヤルぞ!!」
という空気を撒き散らし、やたらハァハァいっているお兄さんたち。
まだ始まっていないのにモッシュしているグループ。

ヤバい、ヤバい。
巻き込まれたら怪我すると思い、一段上がったところの一番前に陣取り
落ち着かないので、一人参戦であろう隣の人に話しかけていろいろと情報をいただきました。

待つこと小1時間。
SEが止まり、まずはサポートの"chthonic"のライブが始まりました。
台湾のブラックメタルバンドで
ベースのドリスはモデルをしているという(by 隣の人情報)美人さん。
ドリス目当ての男性陣が叫んでいます。

曲が始まるや否や会場の半分はすでにモッシュ状態。
前方ではいきなりサーフィンしているし。
そのうちサークルピットもできて、演奏よりそっちが気になってしまった。。。


ちょっと音のバランスが?でしたが
演奏、良かったですよ(上から目線?)
ボーカルのフレディさん、ずっと吼えていました。
でもって45分くらいでさくっと終わり暗転。

ここで観客が一気に増え
本命、ラムさんの登場!!!

YEAAAAAAHH!!!

最初から最後まで
ヘドバン&シングアロングでした。
おかげさまで、首がまだ痛いです。。。

ビールは飛んでくるわ
靴は飛んでくるわ
流血した人が飛んでくるわ
いやもう凄かったっす^^;

初めてメタルを聴くという連れ♀を
最後列に避難させておいてよかった。。。

演奏はもちろん

最高!!!

緩急つけた構成に
王道ナンバーがこれでもか!と続き
気持ちよく暴れられ音に乗ることができました。


私が見たかったのは
なんといってもChris Adlerのドラム。

chrisadler
(この写真にはときめいてしまう。ハハハ^^;)

安定した音とリズム、それにあのグルーヴ感。
彼はやっぱり神でした(見た目も^^)。

Laid to Restが始まったときに
ランディの誕生日ってことで
なぜかセーラー服を着た人が登場してみんなでお祝い。

メンバーも本人も
「27歳の誕生日」なんてジョークを飛ばしたりして
とってもお茶目☆

最後にセットリストでございます。

1.Desolation
2.Ghost Walking
3.Walk With Me in Hell
4.Set to Fail
5.Now You've Got Something to Die For
6.Ruin
7.Hourglass
8.The Undertow
9.Descending
10.Contractor
11.The Number Six
12.Laid to Rest

Encore:
13.(The Passing) In Your Words
14.Redneck
15.Black Label

とてもとても熱く、最高に楽しいライブでした。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。