スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Earth Crisis "Forced March"

今日はドラムを触ってきました。
ricaです。

基本は弦楽器なんですけれども
リズムをとる&キープするのが苦手なので
この際ドラムもやってしまえ~と始めたところまではよかったのですが。。。
うん、すごく難しい^^;
足がなかなか言うことを聞いてくれませんね。
たま~にうまく叩けると弦楽器とはまた別の気持ち良さが味わえるので、もう少し叩けるようになりたいなー。

さて今日は
イントロが耳から離れないハードコアバンドEarth Crisisさんの"Forced March"をご紹介。
というのも
Between The Buried And MeのカバーアルバムThe Anatomy Ofにこの曲があり(出所がいつも同じですみません)、イントロの重く引きずるようなギターリフに心揺さぶられたから♪

Earth Crisisは、ニューヨーク州シラキュースで1989年に結成されたメタルコアバンドさんですねー。
2001年に解散してしまうのですが、2007年に再結成し現在も活動しています。
アニマルライツを支持し、Straight EdgeやVegan(ベジタリアンの一番キビシイの)を啓発し、社会問題や政治問題を扱うバンドさんとしても有名なのだそうです。

Straight Edgeについては以前の記事にも書きましたが、ハードコアパンクから発生したムーヴメントの一つですね。

BTBAMのメンバーもハードコア(メタルコア)出身の方が何名か。
ギターのPaulさんはStraight EdgeでVeganですし、ヴォーカルTommyさんとベースのDanさんもアルバムThe Anatomy Ofのブックレット上で"Go Vegan"なんて言っているので、そうなのかもしれませんね。

そういえば
宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキングさんが書かれた子供向けの小説があります。
子供向けといっても宇宙に関する豆知識があちこちに記載されていておもしろいので、大人でも十分読めます。
冒頭に主人公の男の子の両親に関する記載があり、それがとってもストレートエッジな感じなんですよね。
きれいな空気の場所で、家庭菜園で野菜を作り、環境保護活動をし、文明の利器をきらって電化製品を使わない、という風に。
でも男の子は文明の利器の最たるもの、コンピュータが一番欲しかったりします。

おっと、脱線しすぎました^^;

これ以上脱線しないよう、曲に行きましょうか。

Earth CrisisのアルバムDestroy The Machinesから"Forced March"です。
媚びた甘さのない、ハードコアなかっこいい曲です。

*アルバムバージョンが削除されてしまったようですので
1994年の若かりし頃のEarth Crisisのライブバージョンを再貼付します。

スポンサーサイト

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Converge "Trespasses" & "All We Love We Leave Behind"

練習、練習!
ricaです。

楽器は少しでもいいから毎日触りたい(希望?)
寒くなると動くのが億劫になるので、楽器に触れるまでに時間がかかってしまうのですが、ウォーミングアップに時間がかかるので早め早めにスタートする必要があるんですよね~。
うん、頑張ろう。


さて
今日は来年2月に来日するConvergeさんをご紹介。

Convergeは、1990年にアメリカはマサチューセッツ州ボストンで結成されたハードコアバンドさんですねー。
今年10月にリリースされたアルバムAll We love We Leave Behindを聴いてみました。

All We Love We Leave Behind
01. Aimless Arrow
02. Trespasses
03. Tender Abuse
04. Sadness Comes Home
05. Empty On The Inside
06. Sparrow's Fall
07. Glacial Pace
08. No Light Escapes
09. Vicious Muse
10. Veins And Veils
11. Coral Blue
12. Shame In The Way
13. On My Shield
14. Precipice
15. All We Love We Leave Behind
16. Runaway
17. Predatory Glow


疾走ナンバーは気持ち良く音に乗れるし、スローナンバーは聴かせてくれるしで、いいですねー。
喉を傷めないのかな、というくらい荒々しく、振り絞ったようなヴォーカルさんの声が切なくなるほど素敵です。
The Dillinger Escape Planさんを彷彿させるサウンドです。
というか、Convergeさんのほうが先輩ですね^^;

ヘタな解説より、まずは聴いてみましょう。
アルバムAll We Love We Leave Behindから
疾走ナンバー"Trespasses"とタイトルトラック"All We Love We Leave Behind"です。



テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。